謹んで初春のお慶びを申し上げます

img_5246

皆さまにおかれましては、健やかに新春をお迎えのことと存じます。新しい年を迎えて、それぞれ思い思いの目標を掲げられてる方も多くいらっしゃることでしょう。

さて、今年は阪神淡路大震災の犠牲者の23回忌、東日本大震災7回忌、熊本地震1周忌の年にあたります。あらためて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の人々の心の安寧が訪れること、一日も早い復興を祈念いたします。

年末には、関東でも大きな揺れがありました。
昨年の熊本地震では私の修行時代の仲間も被災しました。熊本には地震発生直後より、多数の人々が被災者の助けになろうと、支援されたと聞いています。
私たち仏教徒にとって、他人を思いやる心、菩提心を発すことは、最も大切な修行の一つであります。苦しんでいる人がいたら常に手を差し伸べてあげられるよう、今年も精進してまいりたいと思います。

曹洞宗管長猊下の年頭のあいさつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です