他不是我(吾)(たはこれ われにあらず)

他人にしてもらっては
自分のしたことにならない

道元禅師が、禅の修行道場において食を司る典座の心得を説いた『典座教訓』にこの言葉があります。

道元禅師は、修行僧の食事を世話する典座の職を非常に重要であると考え、『典座教訓』では典座の役割や心構えから、作法、手順など、経験談などを交え事細かく示されています。

道元禅師は24歳で中国(当時の宋)に留学され諸山を遍歴されますが、以下は、寧波の天童山で修行されていたころのエピソードです。

当時、天童山では、地元出身の用という名の僧が典座の職についていました。道元禅師が昼食をすませ、東の廊下を通り超然斉という場所へ移動していたところ、仏殿の前で用典座が海藻を干していたところを見かけました。杖で体を支え、日除けの笠もつけておらず、日差しは強く敷き瓦も焼けるように熱くなっていました。大汗を流しながら歩き回り、一心不乱に海藻を干していて姿はたいへん苦しそうでありました。背中は弓のように曲がり、眉は鶴のように白かったのです。道元禅師は用典座に近づき歳を尋ねると、用典座は「68歳です」と答えられました。禅師は「どうしてそんなお年なのに、下の役の者や雇い人を使わないのですか」と問うと、典座は「他は是れ吾れにあらず(他人がしたことは私のしたことにはなりません)」と。さらに「ご老僧、確かにそのとおりです。しかし、太陽がこんなにも熱い中、どうして今このようにするのですか」と問うと、典座は「更に何れの時をか待たん(この時を逃して、いつやれというのか)」と答えました。道元禅師はこの言葉を聞いて、何も言えなくなりました。そして廊下を歩きながら、典座という職が、いかに重要なものかということを悟られました。

「他は是れ吾れにあらず」

今、自分がやろうとしていることは、自分にしかできません。まして、人任せにしてみては自分のやったことにはなりません。

修行も同様です。どんなにお釈迦さまの教えや禅の言葉を学んでも、自分の体を以って実践しなければ、修行したことにはなりません。

修行とは実践することです。それは今、この時に行わなければなりません。

曹洞宗では修行と悟りは同一のものと考えます。修行をしている時、それこそが悟りの時なのです。日々の生活、洗面、食事、作務、入浴、トイレにわたるまで全てが修行なのです。だからこそ、一つ一つの行いを自分のこととして丁寧に精一杯行わねければならないのです。

今月の禅語(令和4年6月)

投稿ナビゲーション